美術館、アート

ハーバーモーニング、クロードロレン、1630年

ハーバーモーニング、クロードロレン、1630年

ハーバーモーニング-クロードロレン。キャンバスに油彩、157x113 cm

早朝、海の港でキャンバスを描いたこのアーティストは、いつものように、ローマの環境をモチーフにした彼自身の想像力に刺激されて、非現実的な風景を作り出しました。写真のすべての建物はアンティークな建物で、老朽化し​​、生い茂り、すでに元の偉大さを失っています。フォアグラウンドの船員は船に重いベールとバレルを積んでいます-出航の準備をしています。ポートボーイはその場しのぎの釣り竿で魚を捕まえます。港はいつもの日常生活を送っています。

しかし、それでも、ローレンの傑作の主な特徴は太陽であり、その中には永遠の海が大小の帆船と漁師の非常に小さな船で溢れています。柔らかな黄土色の黄金色の光は、構図の計画を組み合わせ、見事に構築された光と空気の遠近法を作成し、明るい光から深い影への微妙な移行を行います。作者が考えたように、日当たりの良い細い道は、見る人から遠ざかり、海岸まで伸び、海の深さと幅の印象を強めました。海の朝の新鮮さの微妙なムード、そよ風、霧のかすみ、無重力の雲、エルミタージュ美術館を飾る初期の作品の1つでロレンが巧みに具現化した。


ビデオを見る: SAAB791 アメリカンフィーリング サーカス 19792000200703 vL HD (1月 2022).