美術館、アート

1862年ペロフモスクワ近郊のムィティシでお茶を飲む

1862年ペロフモスクワ近郊のムィティシでお茶を飲む

モスクワ近くのムィティシでお茶を飲む-ペロフ。 43.5x47.3

細部、ニュアンス、ささいなことでいっぱいの作品で、偶然はありません。最も美味しいとされたのはミティシチ水で、モスクワ近郊のこの場所でお茶を飲むことは非常に人気がありました。

視聴者がモスクワ近くのいつものささいな夏のシーンを表示する前に。私たちの場合、僧侶、おそらく修道院長は、モスクワ近くの庭の木陰でお茶を飲んでいます。目の前に突然、乞食のペアが現れました。老いた盲目の障害のある兵士とガイドボーイです。乞食の様子を心配しているメイドさんは、乞食たちを追い払おうとしています。主人公は起こっていることが彼にはまったく当てはまらないと偽っています。

身に着けた兵士のオーバーコートの注文、男の子のぼろぼろのシャツ、僧侶の赤い光沢のある顔、背景の初心者初心者のせわしそうで賑やかな姿、重要なゲストの開いたバッグ、プレゼントを受け入れる準備ができているなど、多くのことがわかります。

ミティシチ市議会の命令により描かれたものの、この絵は明らかに風刺的です。しかし、顧客はそのような率直な反抗的な仕事を受け入れませんでした。

作品は表情豊かな色でデザインされています。ここでペロフは豊かなパレットを拒否します。灰色がかった緑のトーンは、状況の日常性、その活力を示すように設計されています。写真の興味深い構成。主人は反対の要素、つまり僧侶の満腹と障害者の疲労、高価なブーツの鏡の清潔さとボロボロのシャツに視聴者の注意を引き付けます。最後に、施しの後に伸ばされた手がボイドの中に伸ばされたことがわかりました。

教会員の偽善、大食い、精神的な空虚さを非難し、著者は完全に不幸で腹を立てています。この作品では、このような状況で生じたぎこちない雰囲気を、アーティストは完璧に伝えることができました。ゲストに仕える召使いが目をそらそうとしていることは、ぎこちなく、単純に恥ずかしいことです。

作曲的には、アーティストは一種のフォークルーボックを作成します。この作曲は、庭の木々によって形成された円の中に書かれています。人物の視点から見ると、書き方には作者の悪しき皮肉、皮肉、風刺感があります。この創造的な期間の間に著者が反聖論的な焦点の多くの作品に対するホーリー・シノドの反応に関連して多くの問題を抱えたことは偶然ではありません。しかし、漸進的に志向のある市民は団結して芸術家を擁護し、教会の主張はやめた。


ビデオを見る: 日本人に知って欲しい日本茶の現状Amazing Japanese green tea farm (1月 2022).